ウーエン イ ウースト

今年初めてのお芝居を観ました。

出演はTEAM NACSの音尾琢真さん安田顕さん、PaniCrew、BUZY、森弘一郎さんほか。

『ときは1867年。遥か東の彼方での島のこと
この時代に生きる、ある若者ふたりがおりました。
対照的な性格を持つ彼らが、ふたりの美しい娘と出逢ったある日から、若者たちふたりに様々な事件が起こり、彼らの世にも奇妙な冒険がスタートします。
彼らは“月”に導かれ200年後の未来にタイムスリップ!
そこで彼らを待ち受けていた世界は、愛情や感情が欠け落ちた凍てつくようなロボットの世界。
2つの時空間を越えて、最終的に、彼らが辿り着く道、
そして彼らが見出す真実とは・・・?』
ウーエン イ ウーストHPより引用しましたが、なんか違う気が。この時代に生きる若者二人?アレ?)

いや~やはりTEAM NACKおふたり、スバラシイ☆
【間】が絶妙です。
お客さんの反応を操っているように見えた。
どうしてあんなに笑いが取れるんだろう?
どうしてあんなに観ていてキモチがよいのだろう。
失敗もアドリブで笑いにうまくすり替えてしまうし。笑

TEAM NACSの舞台は人気でチケットをゲットするのも困難。
北海道のプリンス、大泉洋さん効果なのでしょうか。
一度拝見したいものです!

森弘一郎さんの動きがすごかった!!!
本当にロボットのようでした。気持ち悪かったです。
最後まで森さんのこと人間として見れなかったです。

PaniCrewも検討していました。
トライアル公演の初日に観たときより数倍よくなってました♪
踊りがメインですが演技もしてました。

普段は踊りで表現してる人達がセリフを言って演技をする。

新しいことをするって大変だけどいいですよね。
何かが自分にプラスされていくような、あの感覚。

でも地道に積み重ねて行かねばならないものもあって。
少しずつすぎて進歩しているかどうかもわからないことがある。
けど、少しずつでも続けて行かなきゃならないものがある。

人間って日々必ず少しずつ成長していると思う。
昨日より今日。今日より明日。
そして今日できる最大限プラスα少し頑張れば、気持ち良く明日につながる気がする。


そんなキモチにさせてくれた舞台でした。

全然芝居の内容とはまったく関係ないんですけどね。笑



SPECIAL THANKS♪meg☆
[PR]
by tanechang | 2006-01-12 23:17 | 観る


日々のあれこれ書き綴る


by tanechang

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

種のヒトリゴト

心も体もまっすぐな人に
なりたい





ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧