<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

こんな夜

実家に寄る夜

父に「半蔵門にあるお店のキンツバと最中を買ってきてほしい」と前に頼まれていた

仕事帰りに店を探しだし、持って行くことにした

下北沢を降りて、南口商店街を歩いていると

可愛らしい雑貨屋さん 結婚するときにオレンジ色のゴミ箱を買ったお店だ

絶対あるだろうと目的のものを目がけて店内へ

おお!やはりあった
e0090273_14273852.jpg


かわいらしいCDケースがほしかったのだ
他にも真っ赤なリンゴちゃんやピンク色のイチゴちゃんのケースがあったけど
なぜだかこの店ではオレンジ色のものを購入するようだ
しかしなんだ、このなやましげな目は・・・

キンツバと最中とCDケースを小脇にかかえ
大好きな帽子屋さんをのぞく

そして実家に着くと父が嬉しそうにキンツバと最中の話しをしだした
今宵も和菓子談義は熱かった

写真を撮りたかったが暗くてよく撮れなかった・・・
代わりにパンフレットをパシリ ついでに父も入れてしまえぇ
e0090273_14292697.jpg
e0090273_14294999.jpg


そして
e0090273_14303242.jpg
CDケースを珍しそうに眺める父・77歳
パソコンをしないのでCDを焼くということがあまりわからないようだ

パソコンもしません車も乗りません・・・そんな父だけど結構楽しく生きている
やっぱりテレビと本がトモダチらしい

ビデオが動き出した。
20時から8チャンネルを録画中。

【HEY!HEY!HEY!】 ・・・?

(確かWaTとコウダクミが出てるはずじゃ・・・)

父の入ってはいけない領域を感じ、突っ込まなかった


とりあえず 半蔵門の希望の和菓子は届けたからね

【一元屋】
住所:千代田区麹町1丁目6番地 
電話:03-3261-9127
定休:日曜・祝日
営業:8:00 ~ 18:30
交通:半蔵門線「半蔵門駅」3番出口すぐ

キンツバを会社の人と半分コして食べた
e0090273_15547100.jpg
そこまで甘くなく、小豆がしっかり感じられる
e0090273_156134.jpg

あ、ヒットだ おいしい
e0090273_1561760.jpg


和菓子は苦めのお茶と合いますなぁ
[PR]
by tanechang | 2006-01-31 01:18 | 生活メモ

「贋作・罪と罰」

e0090273_1345738.jpg
今年2回目の演劇「贋作・罪と罰」 を観ました。
渋谷シアターコクーンにて。
脚本・演出:野田秀樹
ドストエフスキーの「罪と罰」の時代設定を江戸末期に変えて戯曲化したもの。

演ずるは松たかこ・古田新太・段田安則・宇梶剛士・マギー・美波・右近健一・小松和重・村岡希美・
中村まこと・野田秀樹。

「江戸開成所の女塾生・三条 英(さんじょうはなぶさ・松たかこ)には、ある確固たる思想があった。
『人間はすべて凡人と非凡人との二つの範疇に分かたれ、非凡人はその行動によって歴史に新しい時代をもたらす。
そして、それによって人類の幸福に貢献するのだから、既成の道徳法律を踏み越える権利がある。』
その思想に突き動かされ、英はかねてよりの計画通り、金貸しの老婆殺害を実行に移してしまうが、
偶然そこに居合わせた老婆の妹までも手にかけてしまう。
この予定外の殺人が、英の思想を揺さぶり、心に重い石を抱かせてしまう。
殺人事件の担当捜査官・都 司之助(みやこつかさのすけ・段田安則)は、事件の確信犯的な性質を見抜き、次第に英に対して疑惑の目を向け始めた。
それに気づいた英は、都の仕掛ける執拗な心理戦を懸命にしのごうとする。
一方、英の親友・才谷 梅太郎(さいたにうめたろう・古田新太) は、罪の意識に苛まれ苦しむ英の
異変に気づき、その身を案ずるが、才谷もまた同時代の、より大きな歴史的事件の渦中にいたのだった。
1867年夏。
時あたかも尊王倒幕の機運高まる幕末の真っ只中、「ええじゃないか」踊りが江戸市中を埋め尽くす。
新しい時代を目前に、無血革命を目指す、坂本竜馬(古田新太)。
竜馬の密通を疑い、武装蜂起を煽る志士たち。
そして、彼らの背後では、ニヒリスト溜水 石右衛門(たまりみず いしえもん・宇梶剛士) が暗躍する。
果たして、目的は手段を浄化するのか?!
永遠の命題が甦る革命前夜、ついに英が心のうちを語り始める・・・・・!」


円形劇場ではないけれど客席を囲んでいる。
おもしろい造りだ。
そこを、歩いたり椅子や棒を使ったりしてどんどん場面が変わっていく。
まったく違和感なしに、大きくセットが変わるわけでもなく、小道具ひとつの位置を変えるだけで場面がガラリと変わる。
・・・す、すごい。

話の内容はとても重く深いものである。
だけど古田新太さんの巧妙なアドリブに笑わされる。出演者への愛情が感じられた。
松さんは最後まで古田さんの笑いに耐えていた。笑

だけど最後はかっこいいんだ!ずるいよっ古田さん!好き!笑

そして松たかこさん。
すごくかっこいい。声がよく通る。容姿も凜と一本筋が通っていて美しい。
テレビで観るよりも断然よかった。ステキだった。

ラストシーン、告白のところで、うっかり泣いてしまった。

やはり演出がすごい巧みだなって思いました。

大きな布を使って場面も変えながら雪が積もる場面にしたり、その布の上には牢獄にいる松さん。
その布の下では命を奪われる古田さん。

ああ、すごい。なんか今回はこういうところにかなり感動した。

もちろん出演者の方々もそうそうたるメンバー。村岡希美さん好きだな~。
美波さんもマジョリカマジョルカのCMがとても気になる美しい人。演技も体当たりだったなぁ。

これぞ野田マジック!

話は難しく、色々考えさせられたし、とてもいい舞台でした。
でも自分の信じるものを突き通すことで、人を殺めることは賛成できません。
そのような思想があった時代。それはつい最近まであったこと。今でもあるのか。
うーん。それって違うんじゃないの?と、頭のなかが???だらけになってしまう。
人それぞれの思想だから、どうしようもないのか?

余談ですが、本日WOWOWで19時から『12人の優しい日本人』が生放送されます。
見逃してはなりませぬ。

3月は今回の「贋作・罪と罰」や「走れメルス!」や「透明人間の蒸気」も放送!
WOWOWさんから目が離せません。
[PR]
by tanechang | 2006-01-27 23:19 | 観る

負けない!

何に負けないかといいますと、【インフルエンザ菌】【カゼ菌】にです。

一緒に生活をしているシンゴさんがインフルエンザで39度の熱を出しました。
不幸中の幸い高熱だけの症状。(軽くセキやくしゃみはありますが)
(それでもここぞとばかりに今日も休んでいます。笑
こんな時じゃなきゃ休めないから~~~。だと。まぁここのところ休みなしだったので寝ててくれ)

ただし、私はなんとしてでも染つるわけにはゆかぬ!
でも明らかに保菌者であります。
一緒の空気を吸っているんだから・・・。(空気感染ってこわー!)

はい。徹底しました。
家でもマスク。
別々の部屋で就寝。

momiちゃんが教えてくれたハーブティーの「エキナセア」を飲み、(飲みやすい♪)
予防にもなると聞いていたタミフルを飲み(meg☆に最初から聞けばよかった!専門家だったね)
栄養モリモリな食事。(鍋っていいですね~♪いろんなものが一気に摂取できる!)
十分な睡眠。

自分(&シンゴさん)に対してここまで優しくなったことはないでしょう。

いまのところ、インフルエンザやカゼがひどくなってはいません!むほ!!

朝ごはんをちゃんと食べてきたのに、セブンイレブンでこれらを調達。
e0090273_1095272.jpg

むさぼりつきながら仕事すると致します。

右のはプチチョコという商品名で、セブンイレブンの焼きたて直送便っていうシリーズなんです。
好きなんです。
チョコチップが入った小さいモチモチパンみたいな感じです。(ポンデケージョっぽい)
以前からレーズン・くるみ入りとか、もちもちチーズとかあるんです。
(レーズンは発売停止になって悲しいのですが)

あたしモチモチしたものがホント大好きなんです。
このプチチョコ、美味しいのですよ。チョコ好き&モチモチ好きにはたまりません!

ただ、午後の紅茶は甘いな~・・・。これはちょっと失敗。久々に購入しましたが甘すぎます。
紅茶好きですが、これは甘い。ダメだわ。


・・・な~んて。この調子なら体内にいるインフルエンザ菌もどっかに飛んでいくでしょう!!

みなさんもお気をつけて!

意味なく発声練習などして「お~は~よ~う~ご~ざ~い~ま~すぅ~」
なんてしている自分。ちょっといい感じです。(?)
[PR]
by tanechang | 2006-01-25 09:25 | 生活メモ

初体験

それは初めての体験だった。
東京に雪が降った日。      出勤するといきなりのトラブル処理が2件。


…ほっと一安心した瞬間。

くらくらくらくら………
目が回った◎◎◎◎
立ち上がると吐き気まで…。

なんだぁぁぁ!?


いきなり頭をフル回転するとこうなるのかな。

帰りは、初めて旦那のシンゴに会社まで迎えにきてもらっちゃいました。
「俺もたまになるよ、そういうの」
え!?こんな症状シンゴもなるの!?
「うん。急に頭使うとね。お互い脳ミソ少ないから大変だな~!ははは。」

笑ってるよ。おい。


そして、本日日曜日はシンゴが休日出勤だったのでひとりでゆっくりするとしよう。


布団の中から見える青空。

とりあえず起きて掃除機と洗濯機だけ動かした。


そのあとはの~んびり。

外は雪が反射してキラキラ。

いい香りの紅茶。e0090273_2282588.jpg

懐かしい味のチョコレート。
e0090273_2284211.jpg
ゆっくり読みたかった本。
e0090273_2285220.jpg






あれ?土方と山南が呼び捨てで呼び合ってるぞ?
しかも山南さんカッコイイ・・・。笑


たまにはいいかなぁ・・・。   こんなのんびりも。


仕事から帰ってきたシンゴの顔色がおかしい。
あ、風邪もらってきちゃったな。

熱いお風呂にゲルマニウムの入浴剤を入れて温まったらすぐ布団へ。



私も風邪ひかないようにホットミルク飲んで寝よう。
皆さんもお気をつけて。
[PR]
by tanechang | 2006-01-22 22:13 | 生活メモ

はつゆき

東京に今年度初の雪が降っている。

去年、ダンスイベント出演後にちらちらと粉雪が降ったけれど
ここまで降り続いているのは初めて。

仕事に向かおうとドアを開けたら外が真っ白で、慌てて傘と長靴に履き変えた。

ガーデニング用の長靴だけど、かなり活用。

…・・・寒いわけだ。



こんな日は、家でオコタに入りながらぬくぬくしていたいんだけどな。
部屋の窓から雪が降っているのを楽しみたいんだけどな。

いまもずっと雪は降り続いている。

e0090273_1684187.jpge0090273_1685440.jpg
[PR]
by tanechang | 2006-01-21 18:04 | 生活メモ

母というもの

学生時代からの友達のTコのお宅へお邪魔しに行きました。
もう少ししたら2才のSくんがお出迎えしてくれました。


e0090273_1320479.jpg

e0090273_13225179.jpg
e0090273_1354515.jpg

かなりの男前くんです。
ボーロとママが大好きです。
本当にママが大好きです。

e0090273_13551197.jpg

ちゃんと椅子に座って大好きなテレビを見ます。
座りながら音楽に合わせてテンポを取っています♪

ママがトイレに行くと大きな瞳から大粒の涙を流してママを探します。
うぅ可愛い。

昔から知ってるTコだけど、もう立派な親なんだなぁ。
学生の頃はバレエ頑張ってて。
本当に友達が多いTコ。
○○さんがかっこいい~とか、たくさん話したなぁ。

今は、強いお母さんになっていた。
人としても強くなっている。

二人目がもう少しで産まれる。
e0090273_13251036.jpg
e0090273_13252332.jpg


お腹大きい!
あとちょっと頑張ってほしい!(いつでもくっついているSくん。)

これから二人の子を育てるのか~。
今の私にはまったく想像つかない事だぁ。

家族4人で手を取り合って強く生きていくんだろうな。

かっこいいぜ、Tコ。

バイバイ!ってちゃんと言えるSくんに手を振った。

そのあと、お正月に71才の誕生日を迎えた種ママにプレゼントを渡しに行く。
バレエを週3回習いに行ってる母に、レッスンの時に腰に巻くスカートをプレゼント。
e0090273_13253920.jpg


昔は黒とか無地のものしかなかったのに、最近は可愛い柄があるのですね。

これを身につけてもっとバレリーナっぽくしなきゃね♪
と喜んでくれました。よかったぁ。

今日は【母】についてちょっぴり考えちゃいました。
強いよなぁ…。


余談ですが、この前買った風呂敷、かなり重宝しています。
e0090273_1326170.jpg
e0090273_13255291.jpg

[PR]
by tanechang | 2006-01-19 20:15 | 生活メモ

チーム喰いタン

2006年版、第一回目のチーム神奈川は全員集合!
たかきょさんフラワーちゃんaya*さんshionちゃん
元住吉のさかなの台所・オリエンタル。

商店街のブレーメン通りを歩いていると、可愛い魚の看板が見える。

以前フラワーちゃんが旦那さま達と行った時の日記があまりにも美味しそうで、
連れて行ってもらいました。

メニューを見ると、んまそ~!なのにリーズナブル!
ついつい叫んでしまう。

机においてあるメモ帳に自分達で食べたいモノを書いて定員さんに渡す方式。
なんだかわくわくする。

最初に1日10食限定の炒飯から始まり
e0090273_1059466.jpg

タコのカルパッチョ
e0090273_10581935.jpg
炙りのトロ寿司
e0090273_10584054.jpg

マグロホホ肉の炭火焼と白子ポン酢。(ayaya、白子の見た目に恐怖!微妙に体が拒否ってます。)
e0090273_1059723.jpg

刺身のわさびは自分で擦ります。(きょんちゃん素早い!)
e0090273_110510.jpg

などなど・・・まだまだ写真を撮っていないものばかり。
どんどん机の上は魚類でいっぱいに。どーーん!
e0090273_10563942.jpg



e0090273_10565877.jpge0090273_1057169.jpg
生キウイジュースに生イチゴジュース。
何個使ってんねん!というほど、
果汁120%だった。



途中くちびるの際(生え際ね。笑)がピリピリかゆい。
みんなに言うと同じキウイジュースを飲んでたきょんちゃんも同じ症状だった!
明らかにキウイジュースの犯行です。でもオイシイから釈放です。

そして。ayayaのちょっと早い誕生日プレゼントを渡しました!
おめでとう!!!!!!

ちなみにお店の様子(きょんちゃんありがと)
e0090273_11343115.jpg

なにを真剣にやっているのでしょう。フラワーちゃんと私ってば。笑

ちょっとお腹がいっぱいになってまったりしてくるとチーム神奈川は深い話をし出します。笑
(おなかがすいてる時は食物の話しかしません。笑)

…驚きました。
本当にびっくりしました。

つながっているんだなぁ。

チーム神奈川。
出会うべきして出会ったとしか思えない。

【つながってる】

いまこうして書いているとぞくぞくしてきた。

出会いにはいろんな出会いがあると思う。
一生でいったら数なんて数えきれないほどの出会いがあると思う。

どんな出会いだとしても、やっぱりそこには出会う意味があるんだと今日改めて思いました。


これからも末長くどうぞヨロシクお願いします!

オイシイもの食べられる幸せ。
話して笑える幸せ。
こうやって悩みも話せる幸せ。

私たちはシアワセな一日一日を過ごしているんだ。


SPECIAL thanks♪
e0090273_1115439.jpg

[PR]
by tanechang | 2006-01-16 01:04 | 食す

自己主張

先日、学生時代入っていたサークルの先輩方との新年会がありました。
サークル設立メンバーの一部と1つ年下の私。

その先輩方の中にはとても自己主張がしっかりしている人がいます。
それってすごいワガママなんじゃ・・・?と思うこともありました。
それでもその人はサークルの仲間にとってはマスコット的な存在だったようです。

私が20歳の頃、サークルのある先輩から1通の手紙をもらいました。
『種はなにを考えているのか、全然わからない。
周りに合わせてばかりで、それはそれで楽かもしれない。でもそれだと、本当の種がわからない。
種の意見はないのか?!』

のようなことが書かれた手紙でした。

皆さんもご存知のとおり、種家は個性的な人の集まりであり、私があえて話をしなくても
誰かしら話をしているし、末っ子の私の意見を求める人もいなかったのであります。
家では、おとなしい子で過ごしてきたわけです。

それも、今考えれば、単なる言い訳。
私の意見を誰も期待していない。だから自分の意見は言わない。
人に合わせていれば何も問題ない。人に嫌われないでいられる。

ど~しようもないですねぇ。笑

先輩からのこの1通の手紙が私を変えるきっかけとなったのです。

この手紙をもらったときは、落ち込みました。へこみました。もうどうしようもないくらい。
さきほどの文章の後に、
『○○もそう言ってた。』と、書いてあったのです。
その○○さんはとても大好きな先輩だったから後頭部をガツーン!状態でした。
その人から直接言われたのではなく、他の人から言われたことがとてもとても・・・。涙

でもどうやったら自分の意見を他人に伝えることができるのか・・・。ワガママって思われない?
そのときの私は真剣にわからなかったのです。

とりあえず、「私はこれが好き。」といえるようになりたいって思いました。
私がこれが好きだといって、否定されるのが怖かったけれど、
周りがどう言おうと、私は好きなんだ~!と胸張って言えるようになりたいって。
そんなものを見つけたいって。
(その頃は怪我をしてしまいバレエもやめ、趣味がなにひとつとありませんでした。)

そんなこんなでもう10年近く経ってしまいました。
さて、今の私はどうなんだ?

うーーん。あまり劇的な変化はしていないですねぇ。
どちらでもいいなぁ って思うことももちろんありますし。
全てのことに対して こうじゃなきゃ!というほどではないです。

でも。
好きなもの・好きなことは ちゃんと言えるようになったと思います。
自分にウソをついて、人に合わせることはなくなりました。

自己主張のはっきりした女の先輩が
「結婚したって、独身になれるチャンスがあれば絶対ひとりになりたいでしょ?」
という質問に他の既婚者の人は「ひとりになりたいねぇ!」と答え、私は、
「ひとりにもどりたいとは思いません。」と言いました。
そのほか、結婚に対するその先輩の質問に私の意見をそれぞれ答えていくと

「種ってば、いい子ちゃん発言!!!まじムカツクーーー!!」って言われちゃいました。
すっごくバカにされたような感じだったけど、別によく思われたくて言ったわけでもないし
私はそう思っているだけであって、決してウソじゃない。

昔はその先輩にものを言うことも許されなかったような雰囲気だったのに(言っても聞いてくれない)
その時は、私の意見を聞いてくれて、思い切り否定されてました。
おお。私、少しは進歩したのかな。笑
そしてその先輩のことキライではありません。逆に好きです。
アナタはなぜそう思うの!?と時間があればゆっくり話しがしたいです。
きっと色々な人生経験の積み重ねで、その先輩の今の価値感があるのだと思うので。
(逆に私も29年間の経験の上で今はそういう考えなわけで。)

「そんなハナシ、つまーんなぁーい!」ってはぐらかされそうですけど。笑

自分と同じ考えの人もいれば、全く違う考えの人がいる。
自分が好きでも、嫌いな人もいる。

自分と同じ意見じゃない人の意見を、全面否定するのではなく
「ほぉ、そういう考えもあるんだな」と思いたい。そう思う背景が知りたいというか。
どうしてそう思うのかなって聞きたい。

そして話しを聞いて、大切な人が、人の道をそれるようなことをしそうになったら、
軌道修正をしてあげられる人間になりたい。
その為には自分の意見・考えを持っていなくてはならないのだな・・・と思う。

でも私が経験したことのないことだったならば、説得力がないだろうな・・・。

人間1回目なんだろうな。と自分で思うほど、物知らずな私だから。
日々勉強ですわ。ほんまに。


はてさて。器の大きな人間になるにはどうしたらいいのかなぁ・・・。
私の周りにいてくださる、器の大きな方をお手本にしてみようっと。
[PR]
by tanechang | 2006-01-14 18:30 | 生活メモ

ウーエン イ ウースト

今年初めてのお芝居を観ました。

出演はTEAM NACSの音尾琢真さん安田顕さん、PaniCrew、BUZY、森弘一郎さんほか。

『ときは1867年。遥か東の彼方での島のこと
この時代に生きる、ある若者ふたりがおりました。
対照的な性格を持つ彼らが、ふたりの美しい娘と出逢ったある日から、若者たちふたりに様々な事件が起こり、彼らの世にも奇妙な冒険がスタートします。
彼らは“月”に導かれ200年後の未来にタイムスリップ!
そこで彼らを待ち受けていた世界は、愛情や感情が欠け落ちた凍てつくようなロボットの世界。
2つの時空間を越えて、最終的に、彼らが辿り着く道、
そして彼らが見出す真実とは・・・?』
ウーエン イ ウーストHPより引用しましたが、なんか違う気が。この時代に生きる若者二人?アレ?)

いや~やはりTEAM NACKおふたり、スバラシイ☆
【間】が絶妙です。
お客さんの反応を操っているように見えた。
どうしてあんなに笑いが取れるんだろう?
どうしてあんなに観ていてキモチがよいのだろう。
失敗もアドリブで笑いにうまくすり替えてしまうし。笑

TEAM NACSの舞台は人気でチケットをゲットするのも困難。
北海道のプリンス、大泉洋さん効果なのでしょうか。
一度拝見したいものです!

森弘一郎さんの動きがすごかった!!!
本当にロボットのようでした。気持ち悪かったです。
最後まで森さんのこと人間として見れなかったです。

PaniCrewも検討していました。
トライアル公演の初日に観たときより数倍よくなってました♪
踊りがメインですが演技もしてました。

普段は踊りで表現してる人達がセリフを言って演技をする。

新しいことをするって大変だけどいいですよね。
何かが自分にプラスされていくような、あの感覚。

でも地道に積み重ねて行かねばならないものもあって。
少しずつすぎて進歩しているかどうかもわからないことがある。
けど、少しずつでも続けて行かなきゃならないものがある。

人間って日々必ず少しずつ成長していると思う。
昨日より今日。今日より明日。
そして今日できる最大限プラスα少し頑張れば、気持ち良く明日につながる気がする。


そんなキモチにさせてくれた舞台でした。

全然芝居の内容とはまったく関係ないんですけどね。笑



SPECIAL THANKS♪meg☆
[PR]
by tanechang | 2006-01-12 23:17 | 観る

紫色と買物

e0090273_1453630.jpg
Lu¨colecaさんのこの指輪。
大のお気に入りである。
紫色がベースだけど角度によって色が変わる。
指輪を見ていて気付いた。
今年も冬は【紫色】が気になっているみたい。

紫色といってもいろんな色がある。

以前、印刷屋の営業だった頃、よくカラーガイドを持ち歩いていた。
だいたいのデザイナーが指定するのは大日本インキさんのDICカラーガイド
ごくたまに特殊色(日本・フランス・中国の伝統色)を指定してくる人がいた。
印刷屋泣かせだけれど、私はその担当者さんの感覚が好きだった。

通常はDIC002とか数字で表されているのだけれど、
日本の伝統色はすべて日本語の名前が付いている。

紫色ひとつにしても藤色、江戸紫色、すみれ色、菖蒲色…など花の色ほか色々な色の名前がある。
それが日本らしくてとても好きだ。

細かい微妙なニュアンスを表現してしまう日本人の感覚。


印刷物はマゼンダ(赤)とシアン(青)とイエロー(黄)とスミ(黒)のたった4色でできている。
それもすごいと思った。人の顔もこの4色で出来ているなんて。
紫は赤と青を混ぜてできるって小さい頃にわかってびっくりした時と同じくらい。


おととい、中目黒でわんこちゃんのダンスの舞台を観たあと、中目黒と代官山をぶらぶら。

温かい靴下がほしかった。
e0090273_13511353.jpg

旅行やレッスンの時に洋服を包む風呂敷がほしかった。
e0090273_13512612.jpg

一目惚れした手ぬぐいとバラの指輪。
e0090273_13513744.jpg


ご購入!嬉しい!


そして代官山で私の目の前に背の高い男の子が。
「ココ入ろうよ」
聞き覚えのある声。
お正月の3日にテレビで出てた人だ。
古畑任三郎ファイナルに出てた人だ。
そう。
藤原竜也くんだ!
1秒もしない間にパパパパと脳が動いた。
ニット帽を深くかぶっているけれど、その声は…その顔は…!
年明け早々素敵な出会いでした♪
今年も彼の舞台観にいけるといいな♪むふっ


その後服がほしいといういぼりんと下北沢で待ち合わせ。
いぼりんは革のダウンとハンチング。
私は鮮やかなスカートと小さめのネルシャツと毛糸ジャケット。
e0090273_13555075.jpg

びっくりするくらいの価格。
さすが下北沢。

e0090273_1356574.jpg
そしていぼりんから誕生日プレゼントとして半年遅れで帽子を買ってもらっちゃいました。
ありがとう!かぶって登場します♪

そのあとは今年初めてのダンスレッスン。腹筋と腕の筋肉がイテテテテ。
力を抜いて大きくかっこよく踊れるようになりたい。


朝から動いていると一日がとても長い。

そして買ったモノは色がいっぱいあふれてた。
2006年も色の美しさをしっかり見て、身に纏って生きたい。
色を大切に。色のチカラを大切に。
[PR]
by tanechang | 2006-01-10 13:42 | 生活メモ


日々のあれこれ書き綴る


by tanechang

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

種のヒトリゴト

心も体もまっすぐな人に
なりたい





ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧