手作り感と達成感

e0090273_14135534.jpg
先日観に行ってきました。

TEAM NACSふるさと公演[HONOR~守り続けた痛みと共に]@天王洲銀河劇場

大泉洋さんのいる北海道の劇団です。
ドラマ・ハケンの品格にこの劇団から2人も出てましたね。
(大泉洋さん(東海林武役)と安田顕さん(一ツ木慎也役))

安田さんと、同じくNACSのメンバー音尾さんの出る舞台は一度観る機会がありました。
全身タイツで月に扮する安田さんの存在感が忘れられず…!笑

噂のTEAM NACSの舞台とはどんなものか?
しかしチケットは取れず、オークションは値段が高騰し手が出ない。
こうなったら当日券を並んでゲットするしかない!

そんな挑戦に共に参戦してくれたのはおがっち。
現地集合したら、すでにズラ~~~~~リと既に沢山の人が並んでた。

ま、まずい…。
こんなに朝早いのにこの人数って・・・。
整理券すらもらえないかも…。
みんな子猫ちゃんと言われる大泉洋ファンなのか…?

いろいろ話したり、お菓子食べたりしてたら(遠足気分でした♪)
あっという間に整理券配布の時間に。

無事整理券をゲットし、聖路加タワーのてっぺんでランチをし、戻ってみると
・チケットを持ってる人
・整理券を持ってる人
・キャンセル待ちの人の
3つの大行列ができていた。

ドキドキしながら整理券保持者の列に並ぶ。
どーなの?観れるのかな?
観れますように!!!!

*********************************

やったー!!
ギリギリ、ゲットー!!

小躍りしながら劇場に入ると、これまた行列!!
今度はパンフレットやグッズ販売の行列でした。
とりあえず並び、パンフレットと風呂敷バッグを購入。
(観終わった後になって、ストラップがちょっとほしくなってた自分いたよ。)


彼らは、チーム。そう、ほんとにチーム。
メインの役者さんがいて、脇役がいて・・・じゃない。
5人全員が主役の劇団だと思いました。
(強いて言えば、今回は安田さん演じる五作が主人公だったのだと思いますが。)

手作り感があってとても好感が持てた。
全員で作ってる感。きっとあーだこーだ言いながら作っているんだろうな。

そして回を重ねていくうちにどんどんよく変化していくんだろうなぁ。
豪華な舞台装置じゃないのに、場面や時代が折り重なって変わっていた。
それがなんとも自然に。
森のシーンは、お見事!私も森にいる気がした。かなりいい、アレ。
オーロラも上から見てたからか、龍が飛んでるようにも見えたよ。

女優さんがいないから、男性が女装をするのだけれど、それがまたキレイだったり不細工だったり。笑
でも音尾さんの女装は最初は笑ってしまうが、だんだん馴染んでくるから不思議。
最後にはチエにしか見えなかったし。

5人で和太鼓を叩くシーン。かっこよかった。
五作の優しい笑顔。うおーーー。涙

私は、安田さんのスイッチが早いうちに入ってしまい、
彼の演技で涙が止まらなくなってしまいました・・・。
安田スイッチ。

「北海道の劇団、TEAM NACSでした!!」と挨拶で言った。
あくまでも彼らは北海道で生活・活動をしている人たちなのだ。
また、東京に来てね。
次はちゃんと事前にチケットを取って観に行きます。


おがっちどうもありがとー!ホント観れてよかったね。
なんとも言えない達成感を味わった1日でした。
ランチもあんなすごい景色を眺めながらの食事なんて私、初めて。
でも。私だってちゃんとフォークとナイフ使えますからねっっ。

この日WOWOWのカメラが入ってました。
放送されるようなので、これまたじっくり観るとしますかね。
[PR]
by tanechang | 2007-04-04 14:28 | 観る


日々のあれこれ書き綴る


by tanechang

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

種のヒトリゴト

心も体もまっすぐな人に
なりたい





ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧